巻き爪の手術

My Feet

 

巻き爪がひどくなると手術になることがあるのですが、どのような手術方法があるのでしょうか。

 

巻き爪の手術はどんな内容か?

 

巻き爪の手術方法として一般的なのはフェノール法という手術方法で、指に食い込んだ爪を取り除き、フェノールで変性させることでそこの爪を生えないようにします。
特に陥入爪で食い込みがひどく炎症を起こしている、膿が出ている、肉芽が作られているという場合は手術となることが多く、手術をしなければより一層ひどくなりますし、日常生活にも支障が出てきます。
ですから巻き爪ができた部分を切除し、二度とは得てこないようにすることで次第に綺麗な指へと戻っていくのです。

 

巻き爪の手術について知っておく事

 

巻き爪の処置はフェノール法が一般的ですが、痛みがあるのでは、入院が必要なのかなど不安を感じている方もいるでしょう。
フェノール法では局所麻酔が使用されますから痛みを感じることはありませんし、治療すれば巻き爪によるひどい痛みもなくなります。
日帰り手術ですから入院の必要もありませんし、通院も翌日と1週間後、さらに傷口が落ち着くまでですから日常生活の負担となることもありません。
保険が適用されますので、3割負担で手術を受けることができ、相場は8000〜10000円程度、さらに診察料や薬代が必要になります。

 

手術の内容について

 

巻き爪の手術方法としてほかに知られているのが、爪の両端に穴を開け、超合金ワイヤーを通して引っ張ることで爪を強制するという方法です。
穴は注射針で開け、余分なワイヤーはきちんと切断しますから痛みを感じることもありません。
もし爪が伸ばせないような状態であればコレクティオという爪の中央部分で矯正する方法があります。
フェノール法では爪先から爪母までを切り落とし、麻酔を使用しますので麻酔が体に合わない方には合わないですが、あまりに程度がひどくなるとフェノール法を適用することになります。
軽症であればワイヤー矯正法によっておよそ1ヶ月ほどで爪は正常な状態に戻りますが、肉を巻き込んでしまっているという場合はコレクティオによって徐々に爪を広げていく方法を取ります。
いずれにしろ、巻き爪は日常生活に支障をきたすほどの大きな症状ですから、早めに対処するに越したことはありません。
自身で爪切りで対処療法を行いという方法もありますが、爪母が生きている限り巻き爪は治りませんので、巻き爪を繰り返す、ワイヤー矯正やコレクティオが効果ないとう場合は局所麻酔によるフェノール法によって、爪ができる構造そのものを壊してしまうしかないと考えるといいでしょう。